鈴木(宏)研究室について

鈴木(宏)研究室は、東京大学柏キャンパス基盤科学実験棟を拠点とし、鈴木宏二郎教授と渡邉保真助教の教員2名/大学院生11名(博士課程4名、修士課程7名)/研究員・研究生2名で構成されています。主な研究テーマは、低速から光速(高速の間違いではありません)までの流体力学及び気体力学全般です。 その中でも特に、太陽系探査/宇宙航行/将来型航空機に関する研究を精力的に行っています。

柏キャンパス極超音速高エンタルピー風洞について

柏キャンパス極超音速熱風洞は、秒速1500mに達する超高速流れと、最高1500℃にもなる超高温流れを作り出す実験装置です。 本設備は超高速、超高温流れを実験室で体感した経験を持つ人材の育成と、超高速および超高温の流体力学とその応用におけるフロンティアの開拓を目的として います。 本設備は2006年3月に設置工事が完了しており、2006年7月から通風試験を行いました。テスト終了後は,所属・分野を問わず、できるだけ広い範囲の研究者に極超音速・高温気流の実験設備として提供する共同利用設備として運用しています。

柏キャンパス極超音速高エンタルピー風洞

鈴木研所有の実験設備について

本研究室の実験設備は、柏キャンパス基盤系実験棟に集中的に配置されています。

誘導結合プラズマ風洞

探査機が惑星大気に突入する際や、スペースシャトルが宇宙から帰ってくる際には、その前方に生じる強い衝撃波のために周囲の気体が電離してプラズマになります。このプラズマが宇宙機に著しい空力加熱を与えます。

ICP風洞

我々の研究室では、このような環境を地上で再現できないかと考え、誘導加熱方式を用いたプラズマ風洞を研究・開発しています。プラズマを生成する際に電極を用いないため、クリーンな気流を得ることができます。このプラズマ風洞の分光計測、プローブ計測、及び数値計算を通して、超音速プラズマ流背後の物理現象の解明を目指します。

真空チャンバー

地上で宇宙空間を再現するための装置です。ロータリーポンプ、ディフュージョンポンプという2種類のポンプによって、10-2~10-3程度の真空環境を実現します。この真空チャンバーを用いて、炭素シールドのアブレーション実験や平板に衝突する希薄噴流がつくる特異な圧力分布に関する実験を行っています。

真空チャンバー

ガンタンネル

研究室で開発した2段式高エンタルピー型ガンタンネルで、マッハ10の極超音速流をつくることができます。空気力の測定、薄膜温度センサや熱電対を用いた温度測定、放電を用いた流れの可視化実験などを行っています。また、本装置により突入型惑星探査機の小型模型を加速することで、小天体への突入形状を調べる研究も行っています。

ガンタンネル

低速風洞

本郷キャンパスには低速風洞が設置されています。飛行機の性能や、宇宙往還機の離着陸時の特性を調べるための装置です。昭和13年に購入された物で、現在でも宇宙往還機の離着陸時に翼から発生する渦の研究や、電気飛行機の研究などに使われています。

低速風洞

超音速風洞

本郷キャンパスには超音速風洞が設置されています。気流のマッハ数は2で、衝撃波の性質や超音速機の特性を調べるための装置です。学生実験などに使われています。

超音速風洞

ページのトップへ戻る